こだわり性能

蓄熱式温水床暖房

冬期最も寒い時期で、1ヶ月7千~9千円程度のランニングコスト。
ヒートポンプ式熱源機の場合(当社データより)

床暖房とは?

エアコンやファンヒーターのように温風の対流式の暖房は顔がほてって暖かいけれど、足元が寒いという経験はありませんか?それは、暖められた空気が上昇し、床付近には冷たい空気がたまるためです。

床暖房は熱伝導だけではなく輻射熱を中心として暖房を行っています。床暖房は床全体を均一に暖め、そこから出た輻射熱をからだに伝えます。そしてその熱がさらに壁や天井に吸収され、またそこから輻射熱が出ます。 太陽光線の一部である 遠赤外線も輻射熱と同じ効果があり、冬でも日だまりにいるとからだがぽかぽかあたたかいのは、太陽から出ている遠赤外線がからだの皮膚の奥の 「温点」 を刺激し、人の身体に直接熱エネルギーを供給して暖めます。これと同じ働きをするのが床暖房です。

ベストホームの蓄熱式温水床暖房

パイプを1階床全面に配管し、モルタル(蓄熱層)で覆いパイプに温水を通します。暖められたモルタル(蓄熱層)から放射される輻射熱が床、壁、天井いわゆる躯体から家全体を暖めます。

冬の室内の温度差もほとんどなく、真冬でも 1日3~4時間の暖房で蓄熱層に蓄えられた熱が1日中室温20度をキープしています。なので大きな吹き抜け、オープンなワンルーム、リビング階段などで冬寒いという不満はなく、思い通りの間取りが実現できます。また、湿気の多い梅雨時にほんの少し床暖房して頂くことで、効率よく除湿もできます。ほぼ1年を通じて床暖房を使用することにより、快適に過ごすことができます。

床暖房は建物の断熱性が十分でないと熱が逃げてしまい、床暖房本来の性能が発揮できなくなります。ベストホームでは、断熱材( セルロースファイバー )、窓(トリプルサッシ、ペアガラス)やドアなどにこだわり、床暖房を効率よく利用できるように断熱性を高めています。

こだわり性能

セルロースファイバー

ZEH(ゼロエネルギー住宅)

遠赤外線蓄熱式温水床暖房

    

資料請求する来店予約する