カーオブザイヤー2022 | 福岡で高気密高断熱の注文住宅を自然素材で建てる工務店ベストホーム

カーオブザイヤー2022

おかげさまです

福岡で高気密・高断熱の高性能住宅を

自然素材をふんだんに使いながら

エアコン1台で家じゅう快適に過ごせる家をつくる

注文住宅の工務店ベストホーム吉永です


先週末に日本カーオブザイヤー2022

発表されていました

そもそも日本カーオブザイヤーとは

今年1年間に日本国内で発表された

乗用車の中から最も優秀なクルマを選び

その開発者や製造メーカーを称えること

だそうです。



これは一番売れた車ではなくて

60名のモータージャーナリスト

により選ばれます


私の今までの記憶だと

クルマとして魅力のある

走りだったり、パッケージング

話題性だったりと

『なるほどね』と思うことが

多かったような気がしてました


それが今年はなんと

日本カーオブザイヤー


電気自動車サクラ

日産 サクラ・三菱 eKクロス EV


なんと軽自動車

いや電気自動車軽自動車

受賞しました

そして、軽自動車がはじめて

大賞を受賞しました


実際カーオブザイヤーには

いくつかの賞があり

軽自動車だけで選ばれる

KCARオブザイヤーもあり

今回ダブル受賞をしています

ノミネートが国産車と輸入車等で

48車種あり

そこから10車種に絞られての

大賞受賞です



いやー凄いことですね

得点数でいうと

2位がホンダのシビックEHEV・タイプR






3位がトヨタのクラウン




点数も僅差でなく

ぶっちぎりの差の勝利でした


忖度しないモータージャーナリスト

として僕の好きな五味やすたかさんも

『質の高い作りと扱いやすいサイズに加えて

電気自動車にありがちな航続距離を求める

のではなくシティコミューター的な

日常の足として、あえてバッテリーを大きくせず

”日常”必要十分の航続距離でパッケージした

割り切りの作りは

今のガソリンスタンドが減っている国内環境

特に過疎地において自宅でエネルギー補給が

できるクルマとして幸せな人が増えるので

強く応援したい。また非力な今のCHAdeMOの

急速充電能力にもマッチしている』

とのこと


もともと軽自動車のEVといえば

三菱のアイミーブがありましたが

あまりヒットしたとは言えず


電気自動車といえばテスラ

凄いですが

日本では軽自動車の電気自動車

これから伸びて行くかも

しれません

クルマで遠乗りする機会が

多い場合は充電の環境では

厳しいですが

街乗り中心かセカンドカー

としては使い勝手の良い

クルマになってくるのでしょう


ハイブリッド車に乗っていても

ガソリンの給油は月2回になり

以前の半分になりました


今後はガソリンスタンドも

減少していきます


その際に郊外で

クルマが生活に欠かせない

場所に住まわれているご家庭では

家の外部に最低100Vのコンセント

があれば

電気自動車を充電できる環境

ガソリンスタンドに

給油に行かなくて良くて

特に高齢者や女性ドライバー

には使いやすいことなのかも

しれませんね


実際1回の満充電になるのに

200Vで約8時間

140キロほどの距離を

走行できるそうです


そして、今までの軽自動車の

2倍位走る性能がアップ

していて軽快な走りもできる

そうです

来年以降、ホンダも軽自動車の

電気自動車を発表予定もあるようです


私たちベストホームの建てる住宅も

国の一次省エネ基準の約40%の削減

出来ています

これも5年ほど前から大きくは

変わっていませんので

次の段階も検討していってます

 

時代は進化して変わっていきます


今日も最後まで読んで頂きありがとう

ございました

明日につづきます


おかげさまでありがとうございます


株式会社ベストホーム

      吉永泰典






























 

 

 

 

 

 

 

最後までサイトを見ていただきありがとうございます。このページが役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。

    

資料請求する来店予約する