何事も下準備が重要です | 福岡で高気密高断熱の注文住宅を自然素材で建てる工務店ベストホーム

何事も下準備が重要です

おかげさまです

福岡で高気密・高断熱の高性能住宅を

自然素材をふんだんに使いながら

エアコン1台で家じゅう快適に過ごせる家をつくる

注文住宅の工務店ベストホーム吉永です


今年もあと残すところ16日と

なってきました

やり残したことや

普段あと回しになっていること

ってあります

このブログを書きながらも

またひとつ思い浮かびました


私たちの仕事も

すぐに行動に移し結果が

出ることもありますが

どちらかというと

考えながら準備して

また修正して改良しながら

進めていくことのほうが

多いかもしれません


筑紫野市のT様邸では

大工さんによる木工事が

ひと段落して

先週より左官さんにて

室内の漆喰塗り作業が

始まりました


漆喰下塗り


室内の大工さんが貼った


石膏ボードの継ぎ手の目地に


テープを貼り


テープの上に石膏パテを


目地と石膏ボードを固定してる


ビズの頭1本1本にも


石膏パテで埋めていきます



アールの下がり壁

ベストホームでは定番の


R(アール)の下がり壁


塗り壁だからこそ


この雰囲気をつくれるのですが


アールのカーブの下地つくりが


自然な感じに仕上げるのに


けっこう大変なんです




ここから1週間ほど経過して



今日の現場が



漆喰下塗り

ここまで進んでいます


画像はだと完成したようにも


見えますが



吹抜け部分の壁と天井


実はこの段階でも


まだ下塗り状態なんです



左官の塗り壁


この後の仕上げ工程の


漆喰塗りの仕上がりの為に


下地を調整する作業で


不陸を無くすための作業でもあります



恐らくここまでの作業で


全体の70%の工程です



でもここまでの作業を


手を抜かず丁寧に作業する


仕上がってしまえば


途中の工程は


ほとんど解らなくなりますが


この下準備で結果を左右すると


言っても過言ではありません



シェフや料理人がつくる料理とかも


下準備が大事なのではないかと思います



造作洗面台タイル貼り


造作の洗面台のボウルの下も


きれいに塗ってますよ



私はどちらかというと


けっこう押し迫ってから動きだすタイプ


年末にむけて逆算しながら


早め早めの下準備をしていこうと


決めました



最後まで読んでもらいありがとうございます



来週は漆喰塗りを紹介していきます



おかげさまでありがとうございます



株式会社ベストホーム


      吉永泰典













最後までサイトを見ていただきありがとうございます。このページが役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。

    

資料請求する来店予約する