寒くなります。水廻り設備の点検を | 福岡で高気密高断熱の注文住宅を自然素材で建てる工務店ベストホーム

寒くなります。水廻り設備の点検を

おかげさまです


福岡でも寒くなってきました

先ほど帰りの車では

外気温3℃となり

凍結注意と表示されました


年末年始に凍結と聞くと

嫌な記憶がよみがえります


福岡で高気密・高断熱の高性能住宅を

自然素材をふんだんに使いながら

エアコン1台で家じゅう快適に過ごせる家をつくる

注文住宅の工務店ベストホーム吉永です


まだマイナスまで気温が下がることは

ないのでしょうが

週末の日曜日の天気予報には

雪マークがの予想が出ておりました


本格的な寒波の前に

住宅の水廻り設備配管

点検をお願いします

昨年は半導体不足で

給湯器やエコキュートの

在庫がなくて凄く困りました

今年もまだ影響があるようですので

早めの確認がよいかと思います


寒い時期にお湯が使えなくなったり、

故障や買い替えのリスクを回避

するために早めに水道配管廻りの保温と

エコキュート・ガス温水機器

のお手入れやメンテナンス方法

を取説やメーカのウェブサイト

での確認をオススメします


過去の寒波や大雪のときに

起きた事例です

参考にしてください


1、水道配管の点検と保温


外気温が氷点下よりさがると

家の外にある散水栓の水が

凍ってしまったり

水道管そのものが破裂したり

することがあります


これは

1、北側や直射日光の当たらない所に

水道管がある

2、家と家の間の通路などで

風通りが良い場所に水道配管がある


3、蛇口の下にある配管のグレーの保温材

が劣化してむき出しになっている


このような水道配管を見つけたときは

保温材で被覆してビニールテープで巻き

保温材を固定します

保温材はホームセンターでも売っています

また

間に合わないときは直接風が当たらないように

最低限は何か布などで覆うようにする


エコキュートやガス給湯器も

配管を確認する


ガス給湯器も本体下の配管が

剥き出しになっていないか

確認してください


私も以前に退去されていた家で

給湯本体の下の水道配管が破裂して

水浸しになっているのを

止めに行ったことがあります

すぐ気づけば良いですが

住まれてないのでそのお宅は

2日間ずっと水が漏水しつづけてました

水道料金も高額になります


エコキュートも地面に埋まって

いない配管も多いので

保温材が劣化してむき出しでは

ないかの確認が必要です


エコキュートにお湯を貯める

ための止水栓バルブの

つまみが凍結してお湯が

出ないことがありました


そして、

万が一配管が凍結しても

熱いお湯を直接かけたり

するのもダメです


必ず自然に溶けるのを待つか


凍った部分にタオルなどを巻いてから

ゆっくりとぬるま湯を

掛けるようにしてください


確認方法や凍結で

どうにもできないときは

私か会社のほうまで連絡ください





今日も読んでいただきありがとうございます


おかげさまでありがとうございます


株式会社ベストホーム


     吉永泰典

 

 












 

最後までサイトを見ていただきありがとうございます。このページが役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。

下記の記事もよく見られています

i

    

資料請求する来店予約する