2023年税制大綱とふるさと納税 | 福岡で高気密高断熱の注文住宅を自然素材で建てる工務店ベストホーム

2023年税制大綱とふるさと納税

おかげさまです

本日12月16日午後に

2023年度の与党による

税制大綱が決まりましたね

防衛増税でニュースは炎上

しまくりでしたが

積み立てNISAの投資枠の拡大や

エコカー減税の延長など

来年の通常国会で決まる予定です


福岡で高気密・高断熱高性能住宅

自然素材をふんだんに使いながら

エアコン1台で家じゅう快適に過ごせる家をつくる

注文住宅の工務店ベストホーム吉永です


来年の税制によって

私たちの生活も変わってくる所も

出てきますが

まずは

12月2日に参院可決しました

2022年度の補正予算が

ありますので

住宅が省エネにかかわる

制度や補助金も

積極的に使えるように

心がけていきたいですね


その前に今年もあと15日です

年末まで残り少ないですが

個人として出来ることとして

『ふるさと納税』があります


私も今年何回か利用しましたが

この週末にもう一度

チェックしておきたいです


ふるさと納税とは


自分が選んだ市町村の自治体に

寄付(ふるさと納税)を行うと

寄付金額から2,000円を控除して

残りの寄付金額が

自分の所得税と住民税から

所得制限の範囲内で

全額が控除される仕組みです


例えばふるさと納税を

30,000円行うと2,000円を控除した

28,000円が控除されるのです


では

ふるさと納税の仕組みどうなって

いるのでしょう


ふるさと納税で寄付するできる

自治体は自分で好きな自治体を

選ぶことができます

選ぶ基準はいろいろあると

思いますが

いまは仕事で実家を離れていても

地元の自治体に寄付もできますし

過疎地で応援したい自治体にも

寄付できます


ふるさと納税の一番のポイントは

やはり返礼品をもらえることですね


寄付を受けた自治体は

寄付金額の3割以内の返礼品を

準備しています

ウェブ上でサイトを探してみると

ふるさと納税で初めて知るような

地域の特産品や

人気店の食材などあったりして

けっこう楽しめますよ


ふるさと納税の手順ですが

まずは所得税や住民税を払っている方が

対象になりますのでご注意ください

寄付する前に一度

総務省のホームページに

寄付のシュミレーションソフト

がありますので自分がどのくらい

寄付できるかの目安を

確認してみてください


ふるさと納税は寄付金控除の

枠を使いますので

毎年2月の確定申告をする必要が

ありますが

給与所得のみで1年間の寄付をした

自治体が5つ以内であれば

寄付する際に

『ワンストップ特例制度』を希望すると

確定申告をする必要がありません

確定申告が嫌だとか難しそうと

思われる方には良いですね

その場合には『住民税』が控除されます

簡単にいうと翌年の6月に変更になる

住民税が安くなり給与の手取りが

増えることになります


もう一つ注意が必要なのは

6つ以上の自治体に寄付した場合や

医療費控除や住宅ローン控除のために

確定申告する必要になります

ワンストップ特例制度が利用できません


これは、裏技とまでは言えませんが

所得税や住民税が所得がもう少し

下がれば税率が下がったり

子供手当ての対象

高校の授業料無償化の対象に

なる場合もあります


いちどご自分がどうなるか

調べてみるのもよいかもしれません

おかげさまでありがとうございます


株式会社ベストホーム

      吉永泰典















 



 

 













 
最後までサイトを見ていただきありがとうございます。このページが役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。

    

資料請求する来店予約する