小屋裏エアコン ベストホーム | Page 2 of 17 | 福岡で高気密高断熱の注文住宅を自然素材で建てる工務店ベストホーム

冬の電気代を抑える方法

おかげさまです


福岡で高気密・高断熱高性能住宅

自然素材をふんだんに使いながら

エアコン1台で家じゅう快適に過ごせる家をつくる

注文住宅の工務店ベストホーム吉永です


今週末は暖かくなるようですが

来週は暦の上では

一年でもっとも寒い時期となる

『大寒』です


寒くなると暖房器具を使う

時間も長くなりますし

そうなれば電気代や

ガス代が高くなりますね


1年の中で一番光熱費が

高くなる時期が1月から2月

だと思います


そこで今日は

光熱費を抑える方法を

書いていきたいと思います




エネルギー白書にある

一般家庭での光熱費の内訳を

みていきますと

お湯をつくる給湯の

エネルギーが約28%かかり

暖房費が約23%となり


この2つのエネルギーだけで

50%以上を超えています


逆に驚いたのが冷房費が3%

キッチンで9%

動力、照明で37%の割合です


それぞれの分野で省エネになる

節約をしていけると良いのですが


大きな割合なのが

給湯と暖房の部分です


まずは給湯の種類を

確認すると

1、ガス給湯器 100%

2、ガスエコジョーズ 90%

3、ガスと電気の
  エコワンハイブリッド 50%


の順番で省エネになり

光熱費も少なくすみます


エコワンハイブリッドは

数年前よりベストホームでも

導入していますが

一般的にはあまり普及してません

従来のガス給湯器の半分しか

ガスを使いませんので

ガス屋さんが積極的に販売

していないのも理由にあると

思います


エコワンハイブリッドは

オール電化のエコキュートと

同じくらいの光熱費になりますので

ガスを利用したい方には

ぜひおススメしたい機種です




オール電化だと圧倒的に

エコキュートが一番光熱費が

安く済みます


エコキュートとの違いが

あまりわからないのが

電気温水器です


電気温水器は1の電気を

そのまま1のエネルギー

にしか変換できませんが


エコキュートだと1の

エネルギーを約3倍の

エネルギー効率を

行えます


これは松尾設計室の松尾先生が

良く言われるのが

日本中の古い電気温水器を全て

エコキュートに交換できると

原子力発電所の1基分ほどの

省エネにつながるそうです

省エネも小さなところから

コツコツとですね

わたしも続けていきます


おかげさまでありがとうございます


株式会社ベストホーム

      吉永泰典


 

最後までサイトを見ていただきありがとうございます。このページが役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。
1 2 3 4 17

最新記事

    

資料請求する来店予約する